ジャカランダ

以前から見て見たいと思っていたジャカランダの花

オーストラリアや南アフリカでは街路樹で咲いている

そうですが日本では熱海と宮崎だけとか

情報をくれた友のアドバイスを参考に出かけました

真夏日のような熱海に到着 先ずはブーゲンビリアの

花咲く糸川沿いを歩きました。

Sdscn6697 Sdscn6714 Sdscn6703

満開です。やはり南国の花 鮮やかな色に圧倒

この水色の花が爽やかさを紫陽花ではないし?

そして初めて見るジャカランダ

Sdscn6706 Sdscn6709 Sdscn6711

Sdscn6712 Sdscn6721 Sdscn6723

すごい 素敵とわめきながら真夏日の

熱海の海岸で写真を撮りました。そうです

ここは貫一 お宮の銅像のある場所なんです

しばしジャカランダの花を堪能した後は

アカオローズガーデンへ園内は🚌で案内も

してくれるほどの広大な土地に咲いていましたが

暑くて薔薇も終わり人間も涼しい八ヶ岳から

行くと暑くてバテ気味ローズサイダーを飲んで 

Sdscn6730

一息入れて今日のお宿へ直行 土肥温泉へ

子供のころ夏の間 戸田に家を借りて過ごしていた

主人は伊豆半島が懐かしい思い出の地

久し振りの海 素晴らしい夕日を眺めていました

Sdscn6734

温泉三昧をして帰路は土肥港から清水港へ

フェリーで

Sdscn6739 Sdscn6741 Sdscn6746

気持ちの良い船旅 富士山も見えて清水港に

近くなるころ美保の松原も見えてきました。

最後のしめは清水港のお寿司

Sdscn6748

晴天に恵まれて念願のお花も見れて

少しハードでしたが楽しんできました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

木曽

今日から4日まで木曽漆器祭り

50回の記念大会とかで行ってきました。

快晴の空から急に雨になり又晴れたりと

目まぐるしいお天気でしたが

どうしても見つけたい物があるので風情ある街並みを

歩き始めて見つけたお皿です

漆器は平たいお皿が少なく あれば驚くほど高い物ばかり

そこそこのお値段でありましたが迷っていると

他ではない商品と言われて 買いまーすと言ったら

何んと6枚しか無くて がっくり 10枚は欲しかったのですが

漆器祭りは何回も行っていますが欲しかったサイズの

お皿は見つからなかったので6枚お持ち帰りしました

Sdscn6436

そして今日のランチはバーゼ 若いお二人がイタリアで

修業されて奥様の実家の木曽の木祖にあるお店です

山深い里山の奥にあり知る人ぞ知ると言うお店

土、日は絶品のパンも販売しています

コースで先ずは新玉のスープ

Sdscn6420

3種類のパスタ

Sdscn6421 Sdscn6422 Sdscn6423

そしてデザートが抜群の美味しさ

Sdscn6424 Sdscn6425

美味しかった。

今日の夕飯は平沢宿で買ったほうば寿司で質素に?

Sdscn6427

平沢と奈良井と歩きましたが日本の古き良き時代の

建物を見ながら

木曽漆器祭りをいちにち楽しんできました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白州会

朝から快晴の爽やかなお天気に恵まれました

毎年 この時期に主人の大学時代のお仲間が

集まります

ゴルフ組 散策組 山登り組とそれぞれお気に入りの

コースを楽しんでから花白州へ集合

今夜のメニューは目に青葉の季節 鰹のたたき

おなじみのピザ 今年の新メニューは

味噌マヨをソースにネギとシラスとチーズ絶品でした。

クワトロ 4種のチーズと焼き上がりに蜂蜜これも絶品

そして鯛の塩釜

Sdscn6333

中はふわふわ最高の出来栄えです。美味しかった

素敵な夜は更けていきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンルームの花

毎日 何かと忙しく過ごしています

何故なら最近 病院通いが多くなりお年頃でしょうか

あちこちガタが来ています

ショックは半年毎の定期検診に行っているのに

虫歯が出来た事 

かまってやれなかったサンルームの花たち

気ずいたら ブライダルベールが見事な花を

咲かせていました。大好きな観葉植物です

何年も前から我が家にいるのにね

Sdscn6266_2

小さな白い花を沢山つけていました

花嫁さんのブーケのように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菖蒲湯

今日は5月5日 子供の日と言うことで

お客様のデザートは柏餅 勿論 白州ですから

金精軒のです

そして庭の菖蒲を切って菖蒲湯です

Sdscn6227

素敵な菖蒲の香りでお風呂は快適です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉三昧

突然のお誘いに行く―と即返事しました

だって出来たばかりのエクシブ湯河原離宮

朝 ロマンスカーで小田原まで 小田原で海鮮ランチ

夕食は豪華なイタリアンを予約しているにも関わらず

しっかりランチも頂いてから湯河原まで

Simg_20170425_140220_2

豪華なエントランスを抜けてチェックイン

何もかも新しくて尾形光琳などをモチーフに

しているので黒 金 銀とシックな内装で

しばし散策 例の舛添さんの別荘はどこかなと

ミーハーになりましたがわかりませんでした。

湯量が豊かな湯河原の温泉に夕飯前に入り

4種類の温泉に入った後のビールの美味しさ

Simg_20170425_194527 Simg_20170425_200931 Simg_20170425_203832


Simg_20170425_205627

やっちまいました。又写メ忘れて食べてしまいました

美味しかった! 満足

朝も起きて温泉 朝食は和食 これも満足

Simg_20170426_092723

懐かしき駐在時代の思い出話もできました

今日のランチは早川で下車 小田原漁港へ

目的は気持ちよく参加させてくれた家族への

お土産と漁港の食堂がお目当て どこだ どこだ

あった!あまり綺麗ではないがお安いのと

新鮮さが売り物 頂きましたお刺身定食

又満腹 魚センターでお勧めのもろこやシラスを

干物をお土産に買って

4人で飲んで食べておしゃべりと楽しい時間を

過ごしてきました。

合言葉は又行きましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい

白州にできたイタリアンこぱ蔵にやっと

行ってきました。

Sdscn6156 Sdscn6155 Sdscn6157

パスタはペスカトーレとカルボナーラ

タコのマリネ エビときのこのアヒージョ

ドルチェはヘーゼルナッツとチーズにケーキ

写真がないのはどれも食べてから 写真と

きずいたけどお腹の中 美味しかった。

そして今日はテレビコマーシャルで見て

食べてみたいと思っていた春のアサリうどん

Sdscn6177

思っていたより沢山のアサリが入っていて美味

御汁も美味しくてご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂きもの

昨夜からの雨は 氷雨と言ってもいいような

冷たい雨でした。

昨夜からのお客様に雨に打たれた神代桜も

すいていて ゆっくり見れて良かったと聞き

夕方 人がいなくなる頃合いをみて実相寺へ

先ずはお寺にお参りしてからと すると

近くに若住職がおられこの方は我が家の菩提寺

横浜にある妙光寺で修業された方で

檀家総代の叔父ともお付き合いがあるので

ご挨拶をしてから神代桜を見て居ましたら

これをと素敵な一筆箋を頂きました。

Sdscn6108

毎年 桜を見せて頂いていますが初めて

こんなお洒落な一筆箋 プレゼントに最適!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見の付録

私が属してるサークルのお花見でした

今年は桜の開花が遅れていましたが

彼岸桜が濃いピンク色の花を咲かせて満開です

まずは公園を一周して花を愛で

Sdscn6070

花より団子がスタート 移住組と地元組と

いますので 持ち寄りのおかずが半端ない量です

その中で私が初めて頂くおかずがありました、

リンゴと柚子の皮を薄くスライスして砂糖やら

蜂蜜やら味付けはそのお宅で工夫しているようですが

さっぱりして美味しい事 初めての味でした。

移住組は全員 始めての食べ方でした。

少し残ったのでリンゴが苦手の主人に頂いて

きました。

何と美味しいと 食べました。

初めての味 サッパリしてデザートでもいい感じ

Sdscn6073

これから我が家のメニューに加えてみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアン

春が足踏みして名残雪が舞う白州ですが

明日あたりから春が駆け足でやってきそうです

昨年末から白州の道の駅の近くに

イタリアンのお店がオープンしました

古民家をリホームされていて何ができるのかなと

話していました。

最初は丼屋さんという話で和食かなと?

何とイタリアン こぱ蔵と言います

春休みに孫たちがきたので予約しておりましたが

何とインフルエンザも一緒に連れてきて

私たちは留守番主人と大きい孫とご近所さんと

行ってきました。

美味しかったと言っておりました。白州はお店が

少ないのでうれしいー

Simg_20170320_175919 Simg_20170320_180551

ちかじかリベンジで行こうと思っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ふじぱら