« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

スキー

今シーズン 初めてと言っていいくらいの

スキーを楽しんできました。

足を痛めていて1月最初のスキーは

キャンセルでした。

なのに初日から吹雪状態 深雪の中滑りました

二日目もゴンドラが強風のため動かず🚌で焼額迄

移動して新雪を楽しみました。

滑れるかなと不安を抱えているのでスピードを抑えて

丁寧に滑ることに集中していたら逆に褒められて

複雑な気分です

合宿なので夜はミーティングがあったり

スキーのワックスかけの講習があります

Sdscn5819 Sdscn5821

女性陣も熱心に講習会に参加 遠足で

志賀高原中のスキー場を回りますがワックスが

出来ていないと滑らなくて大変な目にあいます

帰宅時には大雪で埋まった車を掘り出している

主人です

Sdscn5825

無事に合宿を楽しんできました。 シーハイル





| | コメント (1) | トラックバック (0)

キルトショウ

天気予報が雪マークだったり 

昨年から痛めた足が本調子でないので

行きたいな でも なんて悩んでいましたが

行ってきました、キルトショウ もう16回目

と言うことは16回行っているんです。昨年は

ヨーロッパから帰国した朝にその足で会場に

出店して居る友にはスイスのチョコをお土産に

やはり布と針の世界は素敵でした。

今年はオズの魔法使いがテーマ 鷲沢先生

言わずと知れた百恵ちゃんの先生です

Sdscn5799 Sdscn5802 Sdscn5808


そして大賞はボタンの花 私はこのグロリオサも好き

Sdscn5795 Sdscn5796 Sdscn5797

そして人気は百恵さんのキルト

Sdscn5803 Sdscn5806

いつも感じるのは色の配色がいまいちと割と

ガチャガチャがお好きかな今までの一番は

ホワイトキルトでした。

Sdscn5816 Sdscn5817 Sdscn5818

北欧の世界も素敵でした。

私の一番はガーデンのお花の世界が素敵でした

Sdscn5807

そしてまじかに見た神田うのさん

Sdscn5811 Sdscn5813

見事なスタイルでした。

一番大きな大会ですから見応えはありましたが

あの球場の階段は歩幅に合わなくて大嫌い

何とかならないかしら。見にいらしている方も

年配の方が多いので改善の余地ありです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカのニッターズ

この所 テレビのニュースは明日のトランプの

就任式のニュースばかりですね

私の中でもアメリカ国民 何でトランプなんてとの

思いも・・・・・

今 お嬢さんがアメリカに住んでいらっしゃる

編み物仲間からメールが来ました

明日のワシントンDCで

Women ,s March on Washing ton

Pussyhat Projectということで

ワシントンに行けないニッターがピンクの帽子を編んで

送り 明日の就任式で抗議のピンクの帽子を被るとか

ニュースでピンクの帽子見たらエールを送ってください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色

お正月も終わり 暮れからバタバタした

私の生活も 炬燵でのんびり 編み物なんて

していたら見る間に白いものが降り出し

今年初めての雪景色になりました。

Sdscn5777 Sdscn5779

幻想的でしたが大雪になると大変ですから

これくらいにしてと思ってしまいました。

雪だるまを作る元気はありませんでした。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

新年

新年明けましておめでとうございます

暖かな日差しに恵まれての新春でした。

我が家は喪中と言うこともあり門松もなく

いつもとは違うスタートでしたが

孫たちの希望でもあるソウルへ出かけてきました

Sdscn5730 Sdscn5734 Sdscn5737

先ずは空港でピョンチャンオリンピックのマスコットが

お出迎えです

今回は長女も同行し中学時代を過ごしてから

初めてのソウルで感慨深いものがあったようです

私は我が家のお手伝いをしてくださったユンさんとの

再会 多分最後の思い出となるかな

Sdscn5741 Sdscn5755 Sdscn5757


Sdscn5754 Sdscn5752

美味しい韓国料理を食べて私は大好物の

ビビンネンミョンを食べ主人はマッコリを飲み

孫たちは焼肉を食べ

携帯を駆使して古き良き時代の繁華街でなく

大学がある近くの若者に人気のあるお店を

くまなく回り観光地は一つも見てません  苦笑

Sdscn5749_2 Sdscn5760

南大門を遠くから眺め

明洞のお店や屋台でお年玉を計算しながら

お気に入りの洋服を買っていました。

何年か暮らした街をそれぞれがいろんな思いで

ソウルを味わってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »