無料ブログはココログ

2017年6月24日 (土)

トーミ

あっという間に6月も半ばを過ぎてしました。

昨年から栽培を始めた山ウドの初収穫

Simg_20170503_080258


苗床作りから田植え、

Simg_20170524_093645


トーモロコシや落花生、枝豆の播種、植え付け
田んぼの草取り
そして小麦の取り入れ

Simg_20170620_143610

ほとんど人力で、使う農器具も結構年代物。
中には博物館にでもありそうなものもあります。

これは田んぼの草取り道具。
株の間を押したり引いたりして草を取りますが、こんなのを
使っている光景は他で見たことがありません。

Simg_20170607_120521_2 Simg_20170607_120900

今日は脱穀した小麦とわらくずをトーミを使って
分別しましたが一台は昭和28年ごろのもの、そして手回しの
方は昭和23年製、なんと私の生まれた年です。

Simg_20170624_152054 Simg_20170624_154336

Simg_20170624_153926_2 Simg_20170624_152130

これでもちゃんと選別できるんです。
昭和の農村を再現している私たちです。

2017年4月24日 (月)

我が家の桜は花吹雪を散らし、今は山ザクラがや若葉が
山を彩っています。

Fimg_20170416_161427

3月初めから3トン車4台分の砂利を一輪車で運んで道普請
をし、北側のフェンスを作り替え、畑を耕し、苗床を作り、伐採した
椎の木にシイタケの植菌をしていたらとうとうギックリ腰になって
しまいました。

田舎暮らしの春は半端でない忙しさです。
やらなければならないことが山積みで、腰が痛いと休んでいら
れません。

今日は県立北杜高校で野菜の苗を買ってきました。
この高校には園芸科があり、普段は生徒が育てた花の苗が買え
るのですが、この時期は野菜の苗を販売してくれます。

今日は初日で開始時に行ったらたくさんの車、半分は軽トラ
で農家の方も大量に購入していました。
値段はホームセンターの半額程度で出来も遜色ありません。

Fimg_20170424_144553

マルチをまだ張り終えていないのでとりあえず温室で保管します。

2017年4月 1日 (土)

春の準備

4月に入ったのに今朝は冷たい雪になっています。

Simg_20170326_071222

昨日までは暖かかった日が多かったので、春の準備をいろいろと
進めていましたが、今日はちょっと一休み。

道路の補修は、3トントラック4台分の砂利をほぼ播き終えあと
少し、毎日やると腰を痛めるので無理をしないペースで。

Simg_20170401_071547

昨年から大きくなりすぎた木を伐採していますが、今年はヒマラヤ
杉と椎の木を伐採。
椎の木は樹高約13.5m途中で三又になっているので慎重に、
狙い通りの場所に倒すことに成功。

Simg_20170325_170402

幹は輪切りにして椅子に、枝はシイタケの原木として使います。

Simg_20170401_071731

北側のフェンスが古くなったので一昨年から交換を進めています
が、今年は作業小屋の周辺を交換します。

冬の間に材木を仕入れ、カンナがけ、切断、ペンキ塗りを行い
ようやく完成。
晴れたら設置作業をする予定。

Simg_20170401_071837

来週はからは暖かくなるとのこと、畑の作業が待ってます。
今年も忙しい日々が始まりました。

2017年3月 4日 (土)

フキノトウ

霜が降りて寒い朝を迎えますが、日が出てくると霜柱も
融けて日差しが暖かく感じるようになり、畑の片隅には
フキノトウが一つ顔を出していました。

Simg_20170304_131922_3


Simg_20170304_131840

今日は昨年から引き継いだウド畑の準備を農業仲間
と行いました。
枯れた茎や雑草を刈り取って焼却し、肥料を播いて
一回目の土寄せを行います。

暖かくなったとは言え、畑の向こうにそびえる八ヶ岳
はまっ色です。

Simg_20170304_131922_5

今年はこの畑でどれだけの収穫があるだろうか?
収益が出たら皆で温泉に行こうとなどと皮算用。

Sdscn5971

ついでに我が家の畑もトラクターで耕し、いよいよ
活動開始です。

2017年2月 3日 (金)

冬休み

12月中旬でペンションは冬休みに入りましたが、普段できなかった作業や
各設備のメンテナンスをし、その間に遊ばなければならず忙しい日々が
続いています。

収穫してビニールハウスで乾燥させていた大豆を脱穀し、大きさ毎に選別。

現在は脱穀機や選別機は農協で借りることができるのですが、ここに越し
てきたころ裏の畑でおばあさんが2人で竹の先に棒が付いた道具で莚の
上の大豆を叩いて莢から取りだしていたのが懐かしく思い出されます。

Simg_20161205_105752

大豆と言えば、味噌、豆腐や納豆です。

先ずは味噌
毎年仲間と味噌づくりをしています。

大鍋で大豆を炊きミンチにした後、麹と塩をまぜ樽に仕込みますが、
麹は秋に収穫した無農薬米で作ってもらい、まさしく無農薬味噌。

Simg_20170117_125551  Simg_20170117_135806

次は豆腐
初めてなので、1人で試作です。

最初に豆腐型を檜板で作成、2丁用を3個作りました。

Img_20170111_150009

インターネットで調べながら作ったけど、水抜きの重しが重すぎたか
平べったい豆腐に。。。

Simg_20170116_164206

しかし食べると大豆の味がしっかりしていて美味い!
味噌を付けると酒のつまみに最高。

納豆はこれから挑戦の予定です。

これらの合間に孫とソウルに行って焼き肉を食べ、スキー合宿に行き、
大きくなりすぎた庭の木を伐採して回っています。

Sdscn5742  Img_20170126_091128

今日は痛んだ進入路の補修のため、砂利の支給を市役所に申請して
きました。
砂利を播いて補修が完了するころには冬も過ぎ、お客様を迎える時期
となりそうです。

2016年11月28日 (月)

大根

今年は太くなる青首大根と漬物に向く大根の二種類を植えました。
毎年霜が降りる前に畑から抜いて土の中に埋めて保存するので
すが、いきなり寒くなり雪まで降ってしまいました。

先日の雪は20センチ近く積って、翌朝はマイナス7度まで下がり
食べるものが無くなったのか、青首大根がみんなかじられてしまい
ました。

Simg_20161125_070113  Simg_20161128_104351  Simg_20161128_104358

犯人は鹿さんです。

Simg_20161128_104431_4

今まで1~2本程度をかじられることはあって、こんなに全部やら
れることはなかったので、やっぱり今年は森に食べ物が無いの
かなーー。

白菜やホーレンソーなど食べられないようにに網をかぶせました。






2016年11月22日 (火)

今年の秋は雨の日が多くお米の生育が心配でしたが、
なんとか稲刈りまでこぎ着けました。

Simg_20161007_095511

恒例の新米と秋刀魚での収穫祭。

Img_20161012_134326

サイドメニューはこれ。

Simg_20161012_132024

スズメバチの幼虫とさなぎ。
この地方では昔から貴重なタンパク源として食べられて
いたようで、恐る恐る食べると
あ! 意外と美味しい

落花生が豊作で、茹でピーナツにして食べたりしていました
が、保存がきくようにオーブンで炒ってみました。
これが結構ビールに合って食べだすと止まらない。
来年はもっと作ろう。

Simg_20161023_202837

紅葉と落ち葉の季節が到来

我が家のモミジ

Simg_20161122_103150

きれいですが後始末が大変
芝刈り機で粉砕し畑に鋤き込み肥料にします

Simg_20161122_115112  Simg_20161122_115202

明後日は収穫した里芋でいも煮会、二回目の収穫祭で
もうすぐ12月となります。

2016年10月 3日 (月)

突然の訪問者

庭先でばったり、なんだこれは!

大きなくろいもの

一瞬にらみ合ってしまったけど、幸い道を去って行きました。

Simg_20161003_171850

結構大きなイノシシでした。

こんなところまでイノシシが出てきたのは初めてです
雨が多く山に食べ物が無いのかな?

2016年9月12日 (月)

夏野菜から秋野菜へ

今年は畑を網で囲い、お猿さんをなんとか撃退できたので
トーモロコシは豊作で、お客様にすり下ろしのコーンスープ
を堪能して頂くことができました。
毎回このぐらいのトーモロコシをすり下ろします。

Img_20160807_110212

昨年の夏休みには毎日ブログを更新してくれた孫達は部活が
忙しいとかで一週間ほどの滞在でしたが、食卓の準備や後片
付け、ベットメーキングと結構戦力に。

Simg_20160816_142112

お祭り、花火大会と夏は過ぎ、

Img_20160814_172753 Img_20160827_190217

いつの間にか朝夕の気温が下がり、明け方は厚めの布団を
掛けないと寒く感じるようになったので、畑を整理して白菜の苗
と大根、カブ、ホウレンソウ、小松菜など秋野菜の種を播き
ました。

Img_20160911_095745

あと3週間ほどするといよいよ稲刈です。

2016年8月 7日 (日)

風車

毎日暑い日が続いています。
日中畑仕事をすると汗が吹き出し、長時間働くことが
出来ません。

そんな時、庭と畑の境にある木陰に入ると緑の野を
渡って来た風がひんやりと感じられる場所があります。

どうも、風の通り道のようです。

そこに孫と一緒に作ったかざぐるまを立ててみました。
クルクル回り、涼風が通りぬけていきます。

カエルさんも一緒に涼んでいます。

Simg_20160807

«トーモロコシ