無料ブログはココログ

2018年7月12日 (木)

お猿さん

バーベキューハウスの横にプラムの木があり、例年
実を沢山つけて楽しませてくれます。

昨年はなぜかほとんど実らなかったのですが、今年
は花も沢山咲き、多くの実をつけたので熟すのを楽しみ
にしていました。

Simg_7245


ところが、猿の集団が現れ、ネットで覆ってもほとんど食べ
尽くされてしまいました。
まだ熟す前なので酸っぱいのか、半分かじっては捨てて
います。

Img_0461

ついでに屋根の上で大暴れしてテレビアンテナを壊して
行きました。 

野生動物との共存など、難しい問題もありますが当面の
被害は避けねばなりません。
我が家の猿害対策道具は

・近接センサー : 近づいたらチャイムが鳴ります
・パチンコ : 狙うと一旦は逃げていきますが離れたところで。。。

Img_0467  Img_0465_2

そして究極のAK-47

Img_0469

のモデルガン

獣害対策用とあったのですが効果のほどは?

ちなみに北側のお宅では、ハンターベストと帽子を
かぶったハンター案山子を立てました。

どちらが効果があるだろうか!!!

2018年5月30日 (水)

田植え

ようやく田植えをしました。

Img_0395

苗床の成長は良かったのですが、肥料播きの予定日に
雨が降ったりしたため代掻きが遅れましたが、なんとか
田植えまでこぎつけました。

遅れたお陰か、苗の成長も順調で、今後の生育が楽し
みです。

Img_0393

これから毎日交代で水の管理が10月まで続きます。

Img_0401


2018年5月16日 (水)

水やり

家から少し離れた所で共同で使っている畑があります。
水路などなくポリタンで水を運んでいましたが、何回も
往復しなければならず、工夫をしてみました。

ローリータンクは高いので使っていなかったゴミ箱で
水タンクの代用

水中ポンプでタンクからくみ出し
電源は携帯型発電機

これらを軽トラに設置して畑へ

なかなか具合が良いぞ!!

Img_0386

田植えの準備

田植えの季節です

今年は田んぼを一枚増やして6枚となります。
昨年はトーモロコシや大豆を植えていた場所ですが潅水
工事が完成し田んぼとして使えることになりました。

県の土木課がやったらしいがいい加減なところも。。。。
堰用のスリットは片側しかなく、金具の取り付けねじ
は鉄製で錆びて脱落。
自分たちで何とか工夫して田んぼに水を引き込んで
います。

Img_0383  Img_0382

周りでは田植えも済んだところもありますが、こちら
は出遅れて代掻きをはじめたところ。
月末には田植えの予定です。

Img_0381

2018年5月 4日 (金)

ウド

今年は畦シートを2段重ねにして土を盛った結果
見事に大きなウドを栽培することができました。

Img_0362

右:通常栽培 左:畦シート栽培

筋もなく味も変わらず大成功。
来年からこの方法で栽培しよう。。。。。
難点は均一に育つわけではないので、収穫する
度に畦シートを外したり、再度設置したりと手間が
かかること。
なんか良い方法を工夫しないと。

マロニエの花がいつもの年より早いく満開を迎えて
います。

Img_0363_2

でも今日は霜注意報がでて植木鉢を温室に避難
させるなど、安定しない天候が続いています。

2018年4月17日 (火)

農作業の準備

桜は散りましたがスズランやブルーベリーの蕾も大きく
なっています。

Img_0350 Img_0340

農業仲間と栽培しているウド畑では芽が顔を出し始め、
ゴールデンウイークに合わせて出荷するように毎朝
土を掛けて茎の成長を調整しています。

Img_0342

こちらは自家用のウド
今年は畦シートで囲い、長いウドを作れないか試して
います。
上手く出来たら、お客様にたくさん食べて頂けるので
すが。

Img_0341

来週から田んぼの作業が開始されるため、道具類の
整備をしています。
兼用播種覆土機、苗床を作る道具ですが古い機械な
なので交換部品がなく使えそうな物をインターネットで
探しまわって調達中。
明日到着予定ですが直るかな?

Img_0352

2018年4月 7日 (土)

農作業始め

寒かった冬、今年の桜は遅く農作業も少しずらして
始めようかと思っていたところ、あっという間に咲き
初め、今日はもう桜吹雪が舞い始めています。

Simg_7233 Simg_0308

いつもは時間差で咲く花も一気に開花し、春爛漫
の雰囲気を楽しむ余裕もなく農作業に取りかから
なければと焦っています。

Simg_7253 Simg_7246

そんな中、農業仲間で花見
ピザ、焼きそばそして各自持ち寄りの一品とビール

Img_0296

2018年3月 2日 (金)

春への準備 2

岩手の安比高原、信州の志賀高原と2週間ほどスキー
三昧をしてきました。

ネコヤナギの芽も大きくなり、フキノトウも顔を出し
始めています。

Simg_0209 Simg_0207

三種のラティスを作りました。

藤棚

Simg_0170

ハニーサックル用

Simg_0172

ブラックベリー用

Simg_0171

明日はウド畑の手入れを始めます。

2018年2月 8日 (木)

春への準備

毎朝氷点下10度を超える凍えるような日が続き、

Simg_7126  Simg_0119

諏訪湖では5年ぶりに御神渡りが出現しました。

Simg_0132

でも庭に目をやると、マンサクの木に花が咲きネコヤナギの芽も膨らみ始めて
春は少しづつ近ずいているようです。

Simg_0146

土が凍って農作業が暇な間にまとめてやらなければならないことが、
あれもこれもと山積みになり、さらにスキーもしなければならないので忙しい
日々が続いています。

今冬は大きくなりすぎて手入れができなくなったメタセコイア、ミズキ、ヒノキ、
ユリノキそしてケヤキを伐採しました。

建物に近いユリノキはさすがに自信がないのでプロに伐採を依頼しましたが、
それ以外は自分で伐採。

伐採後は今まで日陰を作ってくれてありがとうと、お酒をお供えします。
ちなみにケヤキには新潟の銘酒”雪中梅”。

Simg_0148

ブルーベリー、梅、プラムの剪定は完了しましたが、これからラズベリー、
グーズベリー等々作業が続きます。

2017年6月24日 (土)

トーミ

あっという間に6月も半ばを過ぎてしました。

昨年から栽培を始めた山ウドの初収穫

Simg_20170503_080258


苗床作りから田植え、

Simg_20170524_093645


トーモロコシや落花生、枝豆の播種、植え付け
田んぼの草取り
そして小麦の取り入れ

Simg_20170620_143610

ほとんど人力で、使う農器具も結構年代物。
中には博物館にでもありそうなものもあります。

これは田んぼの草取り道具。
株の間を押したり引いたりして草を取りますが、こんなのを
使っている光景は他で見たことがありません。

Simg_20170607_120521_2 Simg_20170607_120900

今日は脱穀した小麦とわらくずをトーミを使って
分別しましたが一台は昭和28年ごろのもの、そして手回しの
方は昭和23年製、なんと私の生まれた年です。

Simg_20170624_152054 Simg_20170624_154336

Simg_20170624_153926_2 Simg_20170624_152130

これでもちゃんと選別できるんです。
昭和の農村を再現している私たちです。

«苗